スポーツ

    ※引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/11218428/
    nakahatakiyohara










    プロ野球・DeNAの前監督の中畑清氏(62=スポニチ本紙評論家)が24日、都内で行われた
    米映画「ジュラシック・ワールド」のブルーレイ&DVD発売イベントにゲスト出演。

    覚せい剤使用容疑で再逮捕された清原和博容疑者(48)に言及した・・・



    【中畑清氏「清原容疑者が現役時代から覚醒剤を使用していたことを振り返ってもしょうがない」と言葉濁す…】の続きを読む

    ※引用元:http://www.daily.co.jp/baseball/2016/01/29/0008760274.shtml
    gondokoti



























    よみがえれ、斎藤佑樹 早大時代を知る記者の感慨と期待
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160223-00000039-asahi-spo

    目の前に斎藤がいる。右ひざを曲げる独特のフォーム。
    球を離すとき、顔が一塁側に流れ、口元がゆがむ。

    東京でアマチュア野球を担当していた2007年から3年間、
    神宮球場や東伏見の早大練習場で毎日のように見ていた斎藤佑樹だ・・・


    【【朗報】侍ジャパン・権藤コーチ「斎藤佑樹を見に来た」未だ健在の“特別感”】の続きを読む

    ※引用元:https://www.lottachan.com/1059.html
    kiyoharahikiukeninninai












    覚せい剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手清原和博容疑者(48)の保釈請求ができないことが20日、分かった。

    勾留期限の23日に起訴された後、早ければ26日にも保釈されるとみられていたが、関係者は「環境が整っていない」と明かした。
    薬物依存からの更生には周囲のサポートが必要不可欠だが、身元引受人がいないという・・・


    【【悲報】清原容疑者保釈請求できず…周囲と絶縁状態で身元引受人いない】の続きを読む

    ※http://www.asagei.com/excerpt/21618
    kiyoharazetuen














    ◆相次ぐ絶縁宣言 清原容疑者は事実上の「球界永久追放」

    14年3月の週刊文春の薬物疑惑報道以降、清原和博容疑者(48)のもとからはクモの子を散らすように仲間が去っていった。

    着信を拒否し、メールを無視する者、携帯電話の番号自体を変える後輩選手も少なくなかった。
    文春報道後、写真誌フライデーのインタビューを受けた清原容疑者は薬物使用を完全否定した上で、
    「ガッカリしたのは、食事に行こうと約束していた日本ハムの中田翔(26)が、この騒動で他人を介してドタキャンしたこと。
    こういうときにこそ、ホンマの人間関係がわかる」と名指しで“口撃”。

    一方的に標的にされた中田には同情の声が集まり、同じように騒動に巻き込まれてはたまらん、とみなが自己防衛をし始めた・・・


    【「清原」絶縁宣言 球界から相次ぐ… 縁を切れず警察から事情聴取されたOB、尾行され続け不愉快な思いをした選手も…】の続きを読む

    ※引用元:http://jin115.com/archives/52117978.html
    yasiromasasikiyohara












    清原和博(48)の覚醒剤事件でNHKのニュース番組にも出演するなど一躍、脚光を浴びたのが田代まさし(59)。

    “経験者”としてクスリの怖さを知り尽くす田代は現在、
    薬物依存症リハビリ施設「日本ダルク」のスタッフとして働いている。清原逮捕のニュースに何を思うのか。改めて話を聞いた・・・

     
    【【覚醒剤】田代まさし「清原くん、『KKコンビ』じゃなくて僕と『TKコンビ』でやっていこう」 ←新ユニットwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ